<< 自分の本命星
<< 今年の運勢
 < 一白水星
 < 二黒土星
 < 三碧木星
 < 四緑木星
 < 五黄土星
 < 六白金星
 < 七赤金星
 < 八白土星
 < 九紫火星
<< 今月の運勢
 < 一白水星
 < 二黒土星
 < 三碧木星
 < 四緑木星
 < 五黄土星
 < 六白金星
 < 七赤金星
 < 八白土星
 < 九紫火星
<< 運勢の活用法


<< HOME

自分の本命星を調べる

運勢は、あなたの生まれた年の星(本命星)により決まります。 先ずは下記の早見表で自分の本命星を確認下さい。 自分の本命星がわかりましたら、左メニューよりクリックしてご覧ください。

★ 本命星 早見表 ★
生まれ星 生まれ年(昭和/平成)
一白水星 11 20 29 38 47 56 2 11
二黒土星 10 19 28 37 46 55 64 10
三碧木星 9 18 27 36 45 54 63 9
四緑木星 8 17 26 35 44 53 62 8
五黄土星 7 16 25 34 43 52 61 7
六白金星 6 15 24 33 42 51 60 6
七赤金星 5 14 23 32 41 50 59 5
八白土星 4 13 22 31 40 49 58 4
九紫火星 3 12 21 30 39 48 57 3

※注意点
気学(風水)の一年間は旧暦です。基本的に2月4日に始まり、翌年の2月3日に終わります。節分が元旦になります。例えば、昭和42年1月生まれの場合、昭和41年生まれと見なします。


運勢の上手な活用法

運勢には、一年を通した今年の運勢、各月ごとの今月の運勢、毎日の運勢があります。
それぞれをよく理解して、あなたの今後の生活にお役立て下さい。

■今年の運勢

<作用の出方は?>
これはお味噌汁で言えば出汁(だし)に該当し、あなたの運気の土台の役割をはたします。一年を通しての運勢は、通常の実生活に目に見えては出てきません。何かにチャレンジしたり、苦境にであったりすると、実感できるでしょう。
従って、今年の運勢が悪い場合、毎月の運勢が良くても油断せず慎重に行動する必要があります。表面には出なくても、あなたの運気のベ−スは今年の運勢です。くれぐれもお忘れなく!

<主な対象は?>
一年を通しての運勢は、主に人生の中での大きな出来事に作用します。例えば、結婚、就職、進学などの大きな節目、転職、独立、離婚などの人生の曲がり角、相続、家を買う等の大きな出来事、等です。ですので、上記のような場合は、占いニュースの毎月の運勢だけではなく、今年の運勢をよく考えて物事を行ってください。

<今後3年の運気を重視!>
運気が高いときは物事はうまく行きますが、問題はその後にあります。運気が大吉の時に物事を始めれば一時的にうまく行きますが、その後は苦戦を強いられることになります。
逆に大凶でも次の年から運気が上がるのであれば、段階的に物事を始めてしまっても良いのです。
基本的に大きな物事は,運気が下がったときに取り掛かり、運気の上昇とともに、大きく進めて行くのがよいでしょう。くれぐれも、運気が上がり切った時に、調子に乗って物事を拡大することは避けた方がよいでしょう。

<自分の運気を知る>
今年の一年を通しての運勢は、あなたのバイオリズムです。ですので、基本的に記載されている運勢のようになりますが、中には当てはまらない人もいます。大凶の年なのに、大吉だったり、大吉の年なのに大凶だったりする場合があります。
もちろん大凶の年に大吉なのは良いことです。方位取り効果が上手く現れ、極端に運気が上がったのでしょう。 しかし問題は、大吉の年に良いことが何もなく、大凶の人生を歩んでしまう場合です。この場合は、悪い方角に行きすぎて運気が極端に下がったことが考えられます。思い当たる方は、早急に鑑定を受けて、必要があれば大凶の効果を消し改善を図った方が良いでしょう。
大凶の年に大凶なのは何の心配もありません。バイオリズムが上がれば、運気も上がります。しかし、大吉の年のはずなのに大凶の症状が自覚できる方は、十分注意してください。


■今月の運勢

これはお味噌汁に例えると味噌に該当します。通常の行動にかかわる運勢は、ほとんど毎月の運勢で判断していきます。年の運勢に対し非常に体感しやすく、一番現実的に役に立ちます。とにかく、これを軸に判断して下さい。


■毎日の運勢

これはお味噌汁例えると七味唐辛子やねぎに該当します。実際の味には関係なく、本当に表面の皮一枚の部分を司どります。これは運勢というよりも精神状態です。

<< TOP


<< HOME